10年前の孫正義「自然エネルギー発電を進めると、10年後にたった月200円の値上げ。コーヒー1杯分で安全安心が手に入るんです」

再生エネルギー拡大で数千円の電気代上昇…国民の負担額試算(読売新聞オンライン)
#Yahooニュース
news.yahoo.co.jp/articles/2f155…
10年前に何があったのか。

孫正義が示した資料がこれ。
gichokai.gr.jp/archive/member… Image
この資料をもって孫正義は、

「自然エネルギー発電を進めると、10年後にたった月200円の値上げ。これ、経産省の試算ですよ?コーヒー1杯分で安全安心が手に入るんです」

と言った訳だが、大事な前提条件が抜けている。
その前提条件はこちら。

あくまで買取金額が20円/kwhでの話。 Image
孫正義は、20円/kWh での10年後の負担を説明していながら、実際には全量買取で40w円/kWh、住宅用に至っては42円/kWh を要求していたんだよ。

彼がどうやって大衆を騙すのか、いかにデタラメなのかわかるだろう。
kettya.com/2012/log042694… Image
このデタラメを無理やり通すため、孫正義はメチャクチャをやりました。

1)まずデマ文書を流布し反原発を煽り、再エネ神話を作り出したました。

togetter.com/li/119393
2)11年5月14日夜、孫正義氏が菅首相と会談。

利権には政界への働きかけは重要です。
ここで菅首相に対し説得した結果(推測)、菅首相は全量買取を法制化しました。

菅直人元首相が残したデタラメ「負の遺産」 苦しむ再生エネ買い取り制度委員たち「私たちは被告か」
sankei.com/premium/news/1…
3)9月14日、孫正義氏は「自然エネルギー財団」を作りました。いかにも専門的で中立的な組織を使って、政治に関与するためです。この悪影響は今でもあります。

未来の党だった「あの」飯田哲也氏も構想当初から関わっていることを公言しています。
diamond.jp/articles/-/139…
4)調達価格算定委員会の「料金を負担する側」の委員だった進藤孝生氏を、FITに反対的立場というだけで朝日新聞、毎日新聞、東京新聞らが不適正だと大騒ぎし、電力会社叩きに奔走した植田和弘委員長にすげ替えました。

消費者の立場の委員を排除した訳です。

foejapan.org/energy/news/11…
5)そして進藤孝生氏らを名指しで利害関係者と大騒ぎしたにも関わらず、まさに利害関係者本人の孫正義氏が、調達価格算定委員会で高い買取価格をアピールしました。

しかもその中身はデタラメでした。
直近のデータと嘘をついて、2009年のデータを使ったのです。
kettya.com/2012/log042694…
6)最終的に孫正義の主張するまま、42円/kWhの全量買取が決まりました。

当時のドイツの買取価格は19.50¢(100円/€で約20円)、しかも翌年は18.15¢に下がる予定でした。
さらに10MW超のメガソーラーには補助金は無くなっていたのです。

日本の異常さがわかるでしょう。

engy-sqr.com/lecture/docume… Image
そして今、その結果何が起きたのか。

読売新聞が報道した過大な負担だけでありません。

専門家の高過ぎるという意見を無視し、孫正義の要望通り不自然な42円/kWhを決めた、調達価格等算定委員長であった植田和弘委員長は、自然エネルギー財団理事に「天下り」しました。

renewable-ei.org/library/news_2…
太陽発電の導入量はドイツを抜き、世界3位となりました。

しかし日本の大手・中小の太陽光発電事業はほぼ撤退しました。今や研究開発などほとんどされていません。
急激な拡大による過当競争により、雇用を生むどころか、国内産業そのものを衰退させたのです。

itmedia.co.jp/smartjapan/art…
つまり今はもう、太陽光発電を導入しても儲かるのは太陽光パネルを作ってる中国などの国と、設置業者のみです。
雇用も産まなければ、国内でお金も循環しません。

それでも10年前の孫正義は、雇用を生むと連呼していたんですよ。
そして電力を使う工場は、海外との競争で苦しむか、海外移転をせざる得なくなりました。

「これ以上、電力多消費産業が事業撤退や事業縮小に追い込まれることのないよう、即効性のある対策を強力に講じて頂きたく」

エネルギー政策等に関する電力多消費産業の共同要望enecho.meti.go.jp/committee/coun… Image
日本が「再エネ先進国」として目指したドイツの家庭用電気料金は、もうすでに31.89¢(約41円)です。
電力料金の半分は、税金や付加金なんですよ。

孫正義が言った「10年後にたった月200円の値上げ」が、いかにデタラメなのかがわかります。

de-info.net/kiso/atomdata0… Image
10年前、FIT関連法案のデタラメさに気付き、それに反対した人は、進藤孝生氏のように朝日新聞らマスコミから「反再エネ」とレッテルを貼られ、間抜けな国民から石を投げられ、批判することは悪とされました。

約80年前、戦争に反対した人が、非国民とレッテルを貼られたのと同じ構図です。
さて、孫正義が言った嘘は、

「自然エネルギー発電を進めると、10年後にたった月200円の値上げ」

だけではありません。

「一回だけ、一時的に8000円が8500円になります」
「そのあと量産効果が効いて安くなります」

とも言っています。
nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-406… Image
こんな自然エネルギー財団が暗躍しているのは、過去の話ではありません。
今現在も電力政策に深く関わり、世界でもトップクラスの安定性を誇った日本の電力システムを「壊して」いるのです。

• • •

Missing some Tweet in this thread? You can try to force a refresh
 

Keep Current with powerpc970plus

powerpc970plus Profile picture

Stay in touch and get notified when new unrolls are available from this author!

Read all threads

This Thread may be Removed Anytime!

PDF

Twitter may remove this content at anytime! Save it as PDF for later use!

Try unrolling a thread yourself!

how to unroll video
  1. Follow @ThreadReaderApp to mention us!

  2. From a Twitter thread mention us with a keyword "unroll"
@threadreaderapp unroll

Practice here first or read more on our help page!

More from @powerpc970plus

3 Mar
この2月、テキサス州は大変なことになっていました。

電気が足りなくなり、計画停電。
日本のニュース番組では、ウミガメが避難とか呑気なニュースをやっていましたが、マイナス22度を記録する中の異常事態です。

これは日本でも起き得ることだと皆さん理解していますか?
bbc.com/japanese/56107…
原因は「寒波だったから」ではありません。

天然ガスと風力発電に依存した電源構成、電力自由化によるコスト重視の発電設備が原因です。

ヒューストン大学の経済学部のエネルギー研究者は明確に「電力市場自由化による失敗だ」と述べています。
houstonchronicle.com/business/energ…
テキサスは「容量市場を設置しない」という州でした。
そのために「既存電源や予備電源に金をかける余裕がなかった」ということが大きな原因の1つです。

そしてそのテキサス州を見習うべきだと主張する政治家がいます。

そう、新電力の族議員である河野太郎です。
Read 17 tweets

Did Thread Reader help you today?

Support us! We are indie developers!


This site is made by just two indie developers on a laptop doing marketing, support and development! Read more about the story.

Become a Premium Member ($3/month or $30/year) and get exclusive features!

Become Premium

Too expensive? Make a small donation by buying us coffee ($5) or help with server cost ($10)

Donate via Paypal Become our Patreon

Thank you for your support!

Follow Us on Twitter!