今はドローンを使った精密な花火のようなパフォーマンスが世界のあちこちで行われているのに、日本だと約60年前と同じことが行われている。
来年の北京では度肝が抜かれるドローンパフォーマンスが見られそうな予感がしている。楽しみだなー。
中国のドローンパフォーマンスすごーい!
マジでスゴイ

• • •

Missing some Tweet in this thread? You can try to force a refresh
 

Keep Current with 🌬や🙋🏾‍♀️Οὖτις

🌬や🙋🏾‍♀️Οὖτις Profile picture

Stay in touch and get notified when new unrolls are available from this author!

Read all threads

This Thread may be Removed Anytime!

PDF

Twitter may remove this content at anytime! Save it as PDF for later use!

Try unrolling a thread yourself!

how to unroll video
  1. Follow @ThreadReaderApp to mention us!

  2. From a Twitter thread mention us with a keyword "unroll"
@threadreaderapp unroll

Practice here first or read more on our help page!

More from @yukiyamagu

21 Jul
ちょっと音声録音しようと思ったけど、やめた。眠れないので、かわりに文字にします。
私は1930年代のドイツ語亡命者文学について修士の時に研究して、中でも一章を割いたのは、ナチス・ドイツにおける「ギリシャ的なもの」の表象だった。
亡命作家たちは自分たちの信じる「ギリシャ的なもの」、つまり善とか文化という面で、野蛮たるナチス・ドイツに対峙する。しかし一方でナチス・ドイツは、自らの神格化をするために、オリンピックはもとい、スタジアムや野外劇場などもギリシャを模していく。
亡命作家となったクラウス・マンは、ギリシャ的な「人間の尊厳」への脅威としてナチスを「ペルシャ」になぞらえる。ペルシャの攻撃によってギリシャ的な価値が高められたから。一方でゲッベルスはバビロン捕囚の終わりになぞらえて、自分たちをペルシャにたとえたりもする。
Read 7 tweets
11 Jul
オリンピック関連で起きた「ありえないこと」リストまとめたい。
Read 75 tweets

Did Thread Reader help you today?

Support us! We are indie developers!


This site is made by just two indie developers on a laptop doing marketing, support and development! Read more about the story.

Become a Premium Member ($3/month or $30/year) and get exclusive features!

Become Premium

Too expensive? Make a small donation by buying us coffee ($5) or help with server cost ($10)

Donate via Paypal Become our Patreon

Thank you for your support!

Follow Us on Twitter!

:(