ぬまきち Profile picture
ゲームメーカー オーバーフロー代表のメイザーズぬまきちです。つぶやきのTwitter外への転載は、有料でどなたでも可能です。事前入金制となっておりますので、価格はお気軽にお問い合わせ下さい(匿名サイト等を経由したコピーのコピーでも同様です)。
14 Sep
うーん・・・Cinema4D R25の「やってしまったなぁ」感・・・旧バージョンモードへの切替機能があるとは言え、UI変更は致命傷になりかねない「学習コストの引き上げ」であることをMaxonは理解していなさそう。
もともと、Cinema4Dは、元と比べてチュートリアルが少なく、それをR12以降ほぼ変わっていないUIという強みで突っ切ってきたところがあるので、これを捨てた時点でBlenderに劣る存在になってしまう。せめて、デフォルトが旧モードで、新モードと優先度を入れ替えるなら救われるのに。
モードごとにメニューを入れ替えたり、カスタマイズパレットが便利になることは、使っている人からすればわかるけれども、どれだけ初心者を振り落としてしまうのかわかっていない。Blenderのように「振り落とされるやつがいくらで出てもどうせ無料でいっぱい新しく人が入ってくるから」ならともかく。
Read 6 tweets
13 Sep
果穂は、「これから来る反抗期」と「ここからのミドルティーンでの成長にともなう高身長化からの身体的悩み」の2つの大きな病み要素があるので、シャニマス病み勢の期待感は大きい。
絵だから違和感が緩和されているけど、果穂は小学生にして高校生と並んでも同じくらいに見えるくらい”骨格”から大きくて、それでいて体形は子供寄りなので、ここで成長が止まらないことが明示されている。たぶん少なめに見積もっても高校生のときには身長180cmを越えそう。
通常、女の子は二次性徴で身長が止まっていくのだけど、果穂は高校生に交じって一人だけ小学生という位置づけなのに、いわゆるロリ巨乳的な要素とかそういう身長止まりそうな部分をあえて全部描写から削っているので、そこ(巨大化)が意図的なのがキャラの立てかたとして、良いわけです。
Read 4 tweets