森 勇一 Profile picture
長野県で血液内科医をしています
2 Oct 20
Medpage Today「HPVワクチンのこれまでで最良のがん予防データ - スウェーデンにおけるワクチン接種は88%もの子宮頸がんリスク減少と関連」 medpagetoday.com/hematologyonco… 同国の女性約170万人の調査。17歳以前の接種で補正後罹患率比0.12、17~30歳で0.47と。スウェーデン先輩、パネェっす。
元論文はNEJM: HPV Vaccination and the Risk of Invasive Cervical Cancer nejm.org/doi/full/10.10… 特定の感染症へのワクチンで特定のがんをここまで劇的に減らせるって、すごいインパクトだと思う。NEJM、相変わらず美味しいところをさらってゆく。
国際的には子宮頸がんは貧困国でより深刻な問題で、罹患しても手術や抗がん剤を受けづらいので、ワクチンで罹患(と死亡)を減らせるというのは大きい。
Read 5 tweets
11 Sep 20
「医療大麻」が医学論文ベースでどう捉えられているかは、以下のスレッドをご参照ください。一部芸能人の主張とは、いささか違う様相であることがお分かりいただけると思います。
がん疼痛への大麻の効果は、いまのところ否定的です。
米国では疼痛に対するオピオイド濫用が社会的問題となっており、大麻を代わりに使用することで緩和できるのではないかと期待されていましたが、現実は難しいようです。
Read 8 tweets
11 Sep 20
今週のBlood、SARC-CoV-2が血小板凝集を亢進させるとの報告が2編、退院後の血栓症リスクの報告が2編。
Platelet gene expression and function in patients with COVID-19 | Blood | American Society of Hematology ashpublications.org/blood/article/…
Platelet activation and platelet-monocyte aggregate formation trigger tissue factor expression in patients with severe COVID-19 | Blood | American Society of Hematology ashpublications.org/blood/article/…
Read 5 tweets
2 Sep 20
先ほど行われたウェブセミナーの引用文献を挙げてゆきます。(ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。)
COVID-19 Dashboard arcgis.com/apps/opsdashbo…
A Novel Coronavirus from Patients with Pneumonia in China, 2019 | NEJM nejm.org/doi/full/10.10…
Read 51 tweets
19 Aug 20
イキサゾミブを販売している製薬企業さんのご依頼で、「COVID-19環境下における骨髄腫治療の課題」という演題の医療従事者向けウェブセミナーをすることになりました。首都圏を除く東日本が対象で、9月2日(水)夕方からです。詳細は同企業のMRさんにお問い合わせください。
コンプライアンス審査のためスライドの締め切りが配信2週間前で、一昨日に提出したんですが、その日の夕方から新しい論文が次々出てきて「目黒のさんま」みたいな展開に。
今どきの製薬企業さん、講演や情報提供のコンプライアンス遵守には非常に気を遣っています。昔の本や漫画で描かれる光景とは随分違います。他社製品悪口を言ってはいけない決まりなので、講演でけなされるのは自社製品のみというマゾ的な結果に…。
Read 6 tweets
14 Aug 20
JAMA患者向けページ「COVID-19にかかっている人を介護する」 ja.ma/3fVFYlo
「患者のために
・家庭内隔離など医師の指示通りにできるよう手伝う
・休養と十分な水分摂取を促す
・食欲がない場合は、プロテインシェイクやスムージーなど柔らかく高カロリーの食事を試す(続く Image
続き)
・熱と痛みにはアセトアミノフェンなど市販薬を使う
・患者が日常生活やペットの世話をできるよう手伝う。外出制限のため食料品や薬品が必要なら配達サービスを使う
・発熱が続いたり息切れが強くなるなど症状の悪化がないか観察
・回復はストレスで孤独かもしれない。感情の健康を支える(続く
続き)
自分と他人を守るため
・患者と介護者の両方がマスクをする
・可能な時はいつでも1.8m以上の距離を保つ。患者専用スペースをつくることを試み、寝室またはバスルームは共有しない
・もしバスルームが一つしかないときは、使用の間に家庭用消毒剤で消毒すべき(続く
Read 7 tweets
7 Aug 20
どんぶり飯に豆腐をのっけて醤油をかけて崩しながら食べると美味い。削り節やふりかけがあると、もっと良い。
スパゲッティをゆでて生卵と醤油を混ぜて食べるのも美味い。バターや削り節やふりかけがあると、もっと良い。
Read 5 tweets
3 Aug 20
MMWR「宿泊キャンプ参加者間のSARS-CoV-2伝播と感染 - 米国ジョージア州、2020年6月」 cdc.gov/mmwr/volumes/6… 6月17~21日、研修生138名とスタッフ120名でオリエンテーション、21~27日のキャンプに363名のキャンパーと上級スタッフ3名が加わった。全員が過去12日以内のSARS-CoV-2検査陰性。(続く
布製マスク着用はスタッフのみ、参加者は非着用。換気は行われなかった。活動内容には屋内外での連日の激しい歌や応援が含まれた。6月23日、10歳代のスタッフ1人が発熱でキャンプを退去、翌24日にSARS-CoV-2検査陽性と判明。同日から参加者の退去開始、27日にキャンプ閉鎖。25日に当局に報告。(続く
参加者のうちジョージア州民597名。参加者の年齢中央値12歳(6~19歳)、スタッフ・研修生の年齢中央値17歳(14~59歳)。SARS-CoV-2検査結果が入手できた344名(58%)中、260名(76%)が陽性。全体の罹患率44%(260/597)、滞在時間が長いほど高く、スタッフメンバーで56%。(続く
Read 7 tweets
2 Aug 20
朝日新聞、「反権威」のためなら科学を踏みつけにして人命を危険に晒すのを厭わない模様。うん、まぁ、いつも通りだ。 dot.asahi.com/wa/20200717000…
マスク着用を広めることで新型コロナウイルス感染症の伝播を減ったことを示した海外の後方視的研究。
マスク着用が新型コロナウイルス感染症の伝播を減らすと試算するモデリング研究。
Read 7 tweets
23 Jul 20
JCO「がん悪液質の管理:米国臨床腫瘍学会ガイドライン」 ascopubs.org/doi/full/10.12… 栄養相談はありうるが経腸栄養・非経口栄養は非推奨、有効と証明された薬剤なし(条件によってはプロゲステロン類似体・短期の副腎皮質ステロイドは許容)、運動療法は臨床試験のみ、と。
「患者、介護者、臨床医のコミュニケーション
1. 食欲不振は進行がん患者によくみられ、がん進行自体の結果かもしれない。
2. 患者に無理に食べさせようとするのは通常は逆効果で、嘔気や嘔吐を増やす可能性もある。(続く
続き)
3. 進行がんおよび悪液質のほとんどの患者では、経管・経静脈の追加カロリーは結果を改善しない。
4. 食欲不振が著明な時に患者に食事をさせようとすると、介護者との相互作用に関して社会との関わりの減少と患者の苦痛の増大をきたすことがある。(続く
Read 5 tweets
20 Jul 20
Medical Tribune:「医療崩壊の危機」コロナで日本医学会が声明 medical-tribune.co.jp/news/2020/0717… 「予期せず陽性患者に接触した職員は14日間の欠勤を強いられ、人材という貴重な医療資源が減ってしまう。さらに、そこから感染する職員も出てくる」
「医療資源の減少は、COVID-19に対するマンパワーだけでなく、通常医療現場の手腕も奪ってしまう。この状況は既に現場で起き始めている」
「今一番大切なのは、ウイルスが含まれている唾液による感染を防ぐこと」「国や政府は"3密"や"ソーシャルディスタンス"など、唾液というワードをオブラートに包んで発信してきたが、感染の核は唾液であることを伝えたい」
Read 5 tweets
12 Jul 20
輸血不要論に関しては、これを再掲しておきます。
ツイッターにツリー機能がなかったころの連ツイ その1
Read 10 tweets
11 Jul 20
Cancer 「子宮頸がんは検診とHPVワクチンにより世界中で排除されるかも、と専門家」 acsjournals.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.10… 中低所得国78ヶ国を対象にWHOの目標「HPVワクチン接種率90%」「35~45歳女性の70%が生涯で2回の子宮がん検診受診」「罹患時は適切な治療を受けられる」を2030年までに達成した場合の試算。
ひとつ目の研究はHPVワクチン単独で89%減(≒6000万人)、生涯2回の検診併用で対象国すべてで97%減(2120年までで7400万減)と評価。二つ目の論文は2030年までの死亡者減30万人(≒34%)、2070年までに1460万人減、死亡率92%減(ワクチン単独は62%減)と評価。WHO目標の早急な達成が重要と。
元論文その1: Impact of HPV Vaccination and Cervical Screening on Cervical Cancer Elimination: A Comparative Modelling Analysis in 78 Low-Income and Lower-Middle-Income Countries pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32007141/
Read 5 tweets
24 Jun 20
NEJM Journal Watch 「娯楽用大麻合法化は交通事故死率の上昇をもたらすか?」 jwatch.org/fw116756/2020/… コロラド州では増加、ワシントン州では増加しなかったが大麻の広がりの違いであろうと。また、別の論文では大麻を合法化した4州でしなかった他州より交通事故死増加と。
元論文その1: JAMA Internal Medicine: Association of Recreational Cannabis Laws in Colorado and Washington State With Changes in Traffic Fatalities, 2005-2017 jamanetwork.com/journals/jamai…
元論文その2: JAMA Internal Medicine: Change in Traffic Fatality Rates in the First 4 States to Legalize Recreational Marijuana jamanetwork.com/journals/jamai…
Read 5 tweets
22 Jun 20
NEJM Journal Watch 「COVID-19: 無症候者の免疫反応 / 絵ラテンアメリカ系米国人患者 / トシリズマブ」 jwatch.org/fw116752/2020/… なかなかきつい話が続く。
元論文その1 (PDF直リンク): nature medicine: Clinical and immunological assessment of asymptomatic SARS-CoV-2 infections nature.com/articles/s4159…
元論文その2: JAMA: SARS-CoV-2 Positivity Rate for Latinos in the Baltimore-Washington, DC Region jamanetwork.com/journals/jama/…
Read 4 tweets